FX海外業者という儲け方

FXは何も国内だけじゃない!

規制やら何やら色々大変なFXルールは当然日本国内のみ適用。優良海外FX企業は全く関係ありません。

もっと細かく ...

XEMarkets紹介

  • バークレー銀行信託保全
  • メタトレーダ完備
  • スマホも使える
  • 賞金付きコンペ開催
  • FX 初心者 比較

    あなたはFXを知っていますか?

    FXは外国為替証拠金取引と言われる投資です。

    簡単に言うと、為替に投資する投資です。

    為替とは、よくニュースの最後の方に流れる、「本日の円相場は1ドル100円です。」というあれのことです。

    あれ投資するのがFXです。

    FXはここ最近、大ブレークしました。

    それには、FXならでは魅力があるからです。

    それでは、FXの魅力について説明していきます。

    まず、FXは少ない資金で始めることができます。

    5万円ぐらいから始めることができます。

    普通、投資というと最初にまとまったお金を用意する必要がありますよね?

    株式投資も優良銘柄を買うにはかなりのお金を必要とします。

    こういう面から、Fxは始めやすい投資と言えます。

    次に、FXは高いレバレッジをかけることができます。

    レバレッジとは、証拠金を担保に、更に多くのお金を運用することができる手法です。

    このレバレッジのおかげで、FXは少ない額で始めることができるのです。

    更に、レバレッジを高くすることで、多くのお金を稼ぐことができます。

    高レバレッジがFXの魅力の一つです。

    ただし、レバレッジを高くするということは逆に、予想と反対側に相場が動いてしまった時に、レバレッジを高くした分多く損してしまうということです。

    レバレッジをかける時は、中止しましょう。

    また、FXは24時間取引を行うことができます。

    FXは世界中の通貨の為替相場を対象に取引します。

    休むことなく取引されています。

    だから、日中忙しいサラリーマンや主婦でも夜に取引できます。とくに短期の取引を探している方には、こういう情報サイトを参考にして、新しい投資方法も受け入れられ始めています。

    それに、夜の方が動きがある場合も多いです。

    これは、FXの最大の特徴と言えるものですが、FXは買いからでも売りからでも相場に参加できます。

    普通、株式相場だと買うことしかできないため、相場が下がっている時には損をしますが、FXの場合は、売りにすれば、下落相場でも稼ぐことができます。

    FXは銘柄が少ないです。

    銘柄が少ないと聞くと、デメリットのように聞こえますが、実はそうではありません。FXランキングで一覧になって表示されています。

    なぜなら、銘柄が少なければ、注意力をその分集中させることができ、覚えることや調べることも少なく済むからです。

    さらに、FXにはスワップポイントというものがあります。

    スワップポイントとは金利差のことです。

    特に日本円は低金利通貨なので、他の通貨を買えば、このスワップポイントが発生します。

    スワップポイントは毎日発生するので、レバレッジを低くすれば、外貨預金のように使うこともできます。

    FXのキング的存在、XEマーケットどうでしょうか?



    積み立て投資というとよく例に挙げられる投資先は投資信託だと思います。

    証券会社にもよりますが1か月1000円ずつから積み立て可能な証券会社もございます。

    毎月銀行口座や証券口座から自動で引き落とし可能です。

    投資信託にはいろいろな種類があります。投資先を選ぶことが重要です。

    まず日本株投信や海外株投信や債券や国債、リードやいろいろなものをまとめたバランス投信などがあります。

    初心者ですとバランス投信がおすすめかと思います。積立投資で成功するには「長期の思考法」を身に付ける必要があります。

    ただ、そんなに難しく考える必要はなく、「歴史は繰り返す」ということを理解するだけです。

    例えば、2008年に起きたリーマン・ショック、過去の歴史を知らない人でも1か月で20%~30%下がれば不安になると思います。

    下がったときに売る人もいるかと思います。ですが投信は下がった時が絶好のチャンスです。

    下がったときにどれだけ持ち続けれるかが勝負になります。リーマンショック前に持ち続けている人は利益がでているというデーターがでています。投資信託には口数で購入するようになります。

    例えば基準価格が10000円で1口1円のとき10000円あれば10000口購入することができます。これが基準価格5000円になると10000円で20000口購入することができます。

    このように安いときは多く買え、高いときはあまり買えません。ですが基準価格が10000円のとき10000口買い、これが5000円に下がったとき20000口買え、基準価格が10000円に戻ると利益がでることになります。

    投資信託の金額は口数と基準価格の掛け算です。相場が反転すると値下がりしたときに買い込んだ基準価格が上昇します。価格が下がったときに多く買い、高くなったときは少なく買いこれを定期的にしていくのが積み立て投資です。

    つまり準価額の上げ下げを利用しながら率よく口数を買い込む、お買い物上手な投資方法が積立投資なのです。このような買い方をドルコスト平均法といいます。ですがデメリットもございます。

    例えば急な現金が入用になったなどで、基準価格が大きく下がったときに売ると損失がでます。また投資信託ですと株の売買みたいにすぐに現金に変えれません。売買には数日かかります。

    上がったときに売り注文を出しても、数日後下がるとその基準価格での売買になります。また積み立て投資は余裕資産で投資することをおすすめします。

    毎月生活に支障のある金額で積み立てしても意味がありません。積み立てできない月もでてきたりします。まずは生活設計を立ててから投資しましょう。


         copyright ©
         netfxjapan.com